江原歯科医院ホームページをリニューアルしました。これからも地域の方々にお役立ちできる情報をご提供いたします。

 審美歯科

 むし歯予防

 歯周病治療

 口臭治療

 顎関節の治療

 レーザー治療

 ホワイトニング

 インプラント

 PMTC

 ドライマウス治療

 妊婦さんの歯科治療

 骨粗鬆症治療薬を服用の方へ

 子供から大人までのデンタルドッグ

 睡眠時無呼吸症候群

 
お問い合わせ
 インプラント

インプラント

インプラント
骨の中に金属などを埋め込むことを総称してインプラントと呼びます。
歯を失った所にインプラント(人工歯根)を固定して人工の歯を作ります。
当院ではチタンのインプラントを使用します。
チタンは骨と結合するという特質をもっていて、この特質により、インプラントは「骨結合型インプラント」と呼ばれ、あごの骨と直接結合して、 生きている骨として取り込まれたように安定した状態になるためです。
この治療法では、残っている健康な歯への負担が増加することはありません。
あごの骨には自然の歯と同じように刺激が伝わり、力をかけることができることから、骨の変化も少なくなることが知られています。
従来の入れ歯のように取り外す必要がありませんので、
見栄えが美しくなりますが、清掃が難しく定期的検診が必ず必要です。
前歯部治療例
術前                              術後
 インプラント
A.インプラントとその他の治療法の比較
◎インプラント(人工歯根)の長所
     ・自分の歯と同じような感覚で噛むことが出来、食べ物の味や感触が良くわかります。
     ・一般的に健康な周りの歯を削らず犠牲にする必要がない設計が出来る。
     ・かみ合わせの安定を長期間保つことができる。
     ・見た目には自分の歯と殆ど同じようにきれいに仕上がります。
     ・インプラントがあごの骨に力を加えますから、 あごの骨がヤセるのを防ぐと言われています。
◎インプラント(人工歯根)の短所
     ・歯をぬくのと同じ程度の手術が必要です。
     ・治療期間が長くかかる。
     ・強度の糖尿病などの疾患の場合インプラントが出来ないことがあります。
     ・歯触りがにぶいです。
     ・健康保険はききません比較的費用がかかる。
     ・複雑になるので清掃性が悪くケアしにくいので、定期健診が必ず必要です。
     ・異物だと判断させない為に、無菌的に処置をするということが必要です。

 


◎ブリッジの長所
     ・保険の適用されるものもあります。費用をかければ、 見た目の仕上がりがよいものもあります。
◎ブリッジの短所
     ・ブリッジを固定するために、歯の抜けた隣や周囲の健康な歯を削る必要があります。
     ・歯の抜けた部分の骨が次第にやせていく場合があります。
     ・土台となるしっかりとした歯が両側にないと出来ないし、 失った歯の数が多いと治療できない。
     ・複雑になるので清掃性が悪くケアしにくい。
◎入れ歯(義歯)の長所
     ・比較的簡単に作成でき、保険の適用されるものもあります。
     ・病気がちの方でもケアしやすい。
◎入れ歯(義歯)の短所
     ・かみ心地が悪い場合もあり、固い食べ物では咀嚼に苦労する場合もありますが、 短期間であれば、咀嚼機能をある程度回復できる。
     ・入れ歯に違和感を感じることがある方がいますし、発音がうまく出来ない場合や、 見た目も良くない場合がある。
     ・入れ歯の手入れが毎日必要になります。
注)インプラントが使用できないケースもありますので、事前に詳しい検査等を行います。 その結果下記に該当する患者様にはインプラント処置を避けた設計をご説明させていただく場合があります。
例)・妊娠中の方
     ・ 糖尿病や高血圧などの慢性疾患や全身疾患がある方は良好な状態にコントロールされていても、出来ないときがあります。
     ・ あごの骨の量が少ない方、骨粗鬆症の方や周辺の歯根に感染症がある方、 歯周病の方
     ・  歯磨きなどの日常の手入れが充分にできない方や医師との協調が得られない、精神的に問題のある方
     ・あごの骨の成長が終わっていない、概ね16歳以下の方
     ・ その他

Copyright EHARA DENTALl CLINIC.All rights reserved.