江原歯科医院ホームページをリニューアルしました。これからも地域の方々にお役立ちできる情報をご提供いたします。

 審美歯科

 むし歯予防

 歯周病治療

 口臭治療

 顎関節の治療

 レーザー治療

 ホワイトニング

 インプラント

 PMTC

 ドライマウス治療

 妊婦さんの歯科治療

 骨粗鬆症治療薬を服用の方へ

 子供から大人までのデンタルドッグ

 睡眠時無呼吸症候群

 
お問い合わせ
 院内・設備紹介

院内ツアー

医院入口


gaikan5.jpg

医院の入口は自動ドアになっています。



手摺と収納式の椅子をご用意していますので

お年寄りの方、身体の不自由な方も安心です。

バリヤフリー設計


iriguti.jpgトイレ.jpg
















受付・待合


いつも笑顔でお迎えいたします。
デンタルグッツ販売



待合受付.jpg受付.jpg






















診療室


診療室はあたたかい木目調と清潔感のある白を基調としています。

患者様がリラックスできるように音楽を流しております。




診療室.jpg

天井が高いので開放感のある空間になっています。





診療室2.jpg


医院設備について

診療に関しては歯科用レーザーやデジタル映像システム等、最新の設備を整え、衛生面には、高圧蒸気殺菌器やスリッパ消毒殺菌器、
除菌シート等の設備も充実させ、患者様に良質で安全な治療をご提供できるよう心がけています。


口臭測定器ハリメーター

・自分で口の中のニオイが気になる方 ハリメーター01.jpg
・家族もしくは友達から口が臭うと言われた方
・口のニオイが気になるのに、問題ないと言われた方
・長期間、口のニオイでお悩みの方


口臭がちょっと気になる方は一度測定して見られてはいかがでしょうか。
当院は、「口臭測定器ハリメーター」(アメリカ製)導入しました。当院のシステムは口臭の強弱を単なる数字で表すだけではありません。
口臭測定器を使用して口臭の強さを測定し、測定結果をすぐにコンピューターで解析し、コンピューターの画面上で状況を色分けされグラフや分析結果が表示されます。患者様のお口の現状や治療効果が表れていく様子を患者様と一緒に確認できますので、多くの患者様に大変喜んでいただいております。


例 口臭がある患者様は、検査結果のグラフが赤で表示されます。


口臭治療をお受けになられる方のみならず、口臭がちょっと気になる方や自分の口臭を一度測定してみたいという方についても、口臭測定をさせていただいております。

ハリメーター02.jpg
お気軽に お問い合わせ下さい。
測定には約20分程度罹ります。事前に受付に申し出てください。

当院での口臭治療の治療例
①症例1 術前の測定結果
  最大値1665(ppb)かなり強い口臭があり、グラフが赤くなってしまいました。

 kousyuu01.png

②当院で行っておりますブレスケアー(口臭治療用特殊消毒)を一回行った結果
  第一回目の目標100(PPB)を上回る、60(ppb)まで下がり、患者様に大変喜んでいただきました。

 kousyuu02.png


歯周病菌検出器バナペリオ

歯周病菌検出器バナペリオ」で
あなたの歯周病の重症化危険度チェック!
(TVでも注目・アメリカ製)

バナペリオ.jpg

あなたはお口の中に自信がありますか?

当医院では簡単な検査で、あなたの歯周病の重症化危険度をお調べします。

歯周病菌検出器バナペリオ

歯周病は恐ろしい病気です。
歯を失う原因の大半を占めているのは、虫歯と歯周病です。
虫歯は痛みにより自覚できますが、歯周病は知らず知らずのうちに進行し、重症になるまで自覚できません。歯垢の中の細菌が歯周組織に侵入し、歯周病が進行します。歯周病の直接的な要因である3種類のグラム陰性細菌がお口にどの程度存在しているかを迅速に判定する検査器が『バナペリオ』です。

『バナペリオ』を使用すると、約5分で歯周病原菌の存在を調べることができます。

あなたのお口の危険度をチェックしてみませんか。

【あなたのお口は次の項目にあてはまりませんか?歯周病の徴候をチェックしましょう!】
□ 歯を磨くと歯茎から血が出る。
□ 時々歯肉が赤く腫れる。腫れたとき触ると痛い。
□ 歯肉が減ってきた・歯と歯の間に隙間が出来てきた感じがする。
□ 歯肉を押すと歯と歯肉の間から膿がでる。
□ 歯がぐらつく。
□ 噛み合わせが変化しやすく、時々義歯が合わなくなる。
□ 口臭が気になる。
ひとつでも当てはまる項目があれば、歯周病が疑われます。

お口の中の細菌は約350種類あり、人によって細菌の割合が違います。
歯周病の原因は、歯垢の中に下記3種類の細菌の1種、または複数種が約90%の割合で存在することが解りました。
・ P.ジンジバリス(Porphyromonas gingivalis)・ T.デンティコーラ(Trponema denticola)・ T.フォーサイス(Tannerella forsythia)
この3種類の歯周病原菌の存在を調べる検査機器が「バナペリオ」です。
ご心配の方は『バナペリオ』で科学的に検査することをお勧めします。

ご心配の方は当医院のスタッフに遠慮なくお申し出下さい

【バナペリオ検査の特徴】
バナペリオⅡ.jpg

安全無痛 歯垢を採るだけなので、安全で痛くありません。
簡便迅速 たった5分で結果が出ます。
結果は一目瞭然 試薬の青色の濃淡で診断します。

繁殖感染しやすいカンジダ菌のチェック

kanjida01

口の中には健康な人でもたくさんの細菌が常在菌として存在しています。 歯ブラシなどで常に口の中の衛生状態をきれいにし、細菌の数を一定量以下に保つことは、むし歯や歯周病予防などに重要なことであることは良く知られています。また近年、カンジダ菌によるリスクは義歯性口内炎 のみならず、口角炎、舌苔などの口腔疾患、および誤嚥性肺炎や敗血症などの一因になるともいわれ、口腔清掃を行うことによりカンジダ菌をコントロールすることは、これらの疾患を予防することにもなります。 口腔内が不潔になると増加するこのカンジダ菌を調べることにより、あなたの口腔ケアの評価をすることができます。

お口の中で、繁殖感染しやすいカンジダ菌のチェックは大切です!

kanjida02

ご興味のある方はお気軽に受付までお申し出ください。


デジタルレントゲン


デジタルレントゲン 多彩な画像処理可能な最新式デジタルレントゲンです。 患者様の健康維持のために旧式のレントゲンの十分の一の線量で撮影が可能になりX線被爆線量の軽減ができました。

今後とも患者様に安心して受診していただくよう、更なる努力を行います。



下記画像をクリックすると拡大します。



ビスタスキャン画像1.jpg





 



 
ビスタスキャン画像4.jpg



 

歯科用デジタルレントゲンの安全性について
レントゲン(X線)というと、多くの方が心配なさることは、「健康への悪影響?」ではないでしょうか。
レントゲン検査で何度も放射線を浴びることに不安を感じている方も少なくないと思います。
「放射線はあぶないと聞いている」から、「何回までなら大丈夫なのだろうか?」など、いろいろ心配になりますよね。
当院や医科で撮影用レントゲンに使用しているは放射線で“放射能”(ウランなどの放射性物質からでている“放射線を放出する能力”)ではありません。歯科や医科で撮影用レントゲンに使用しているは、
“放射線”(光や紫外線のような物で、人体などを通過する能力のあるもの)を使用しています。撮影用 レントゲン装置は、“放射性物質”は使用せず、高電圧の電気を利用し電気的に“放射線”を出しています。 “放射能”とは違い、放射線(X線など)は体内に蓄積される事はありません。
それでは実際に放射線の影響が最も心配される15週までの胎児に対する影響について考えてみましょう。
15週までの胎児の健康に問題が起きる最低線量は日本放射線公衆安全学会の見解では、5~10レム(放射線の単位)とされています。この線量を従来のレントゲン写真に換算すると、お口よりもう少し子宮に近い胸部でも 25,000枚分に相当します。 ですから、子宮から離れたお口のレントゲン写真を数枚撮影する程度であれば、まず全く心配ないと思 います。
私たちが自然界でも放射線(太陽の光のように空から 降ってきている放射線)浴びています。
私たちが自然界で浴びている放射線(太陽の光のように空から 降ってきている放射線) と比べると、
従来のフイルム式のレントゲン1枚当たりの放射線は、自然放射線の約10日分~15日分に相当します.
当院で使用している最新式歯科用のデジタルレントゲン撮影ではレントゲン1枚当たり放射線は、従来のフイルム式のものと比べて約1/10で自然放射線の1日分程度です。 それが危険な量なのでしょうか?
地球上のある地域(中国やインド・オーストラリア等)では日本の約20倍の自然放射線を浴びている地域もあります。 だからといって、放射線による影響が高いということはありません。
当院の最新のデジタルパノラマX線装置でしたら、 従来のものと比べて放射線量は約1/10 ~1/3、子宮付近ではお日さまを浴びるのと同じぐらいと考えられますので、ご安心ください。
患者様の治療において、レントゲン(X線)検査を必要とする場合、“放射線のリスク”に対して、“検査によって知りうる情報の多さ”が勝っているから絶対に必要ということをご理解ください。
当院の最新のデジタルレントゲン装置はこれまでのレントゲン装置に比べてX線照射量が最大1/10程度と 体にとても優しいレントゲンです。更に、デジタルだから、撮影してすぐに診療台のモニターで確認することができます。 また、画像が鮮明なので、的確な診断などにも役立つばかりでなく、ご自分のお口の状態も非常によく分かります。 現像の必要もないので、環境に影響をおよぼす現像液等の廃棄もありません。患者様の体だけでなく、環境にもやさしい装置です。 撮影に携わるスタッフも、妊娠中の女性や、小さいお子様などには鉛入りのエプロンを装着していただいたり、撮影方法を特に注意し撮影を行なっておりますので、ご安心下さい。例えばあり得ないことですが、例えば50枚を1日で撮影したとしても健康に影響が出ることは全くないと考えられます。
日本放射線公衆安全学会の見解。
歯科での撮影について
(質問) 歯の治療で頻繁にエックス線撮影をしました。1回の治療で2度も撮影したこともあり不安を感じます。
(回答) 頻繁なエックス線撮影に不安を覚える方も少なくないと思います。
歯の治療行う過程で、歯と骨の状態を調べるため数回のエックス線撮影を行う場合があります。この場合、歯科医師により正確な診断と治療を行うために エックス線撮影が必要と判断された場合で、その有益性が危険性を十分上回る場合にだけ撮影されますので安心して検査を受けてください。

(質問) 妊娠中、歯のエックス線検査をしました。 生まれてくる赤ちゃんは大丈夫でしょうか ?
(回答) エックス線が照射される範囲は、撮影部位に合わせて調整されており撮影部位以外には直接エックス線が当たりません。歯のエックス線検査のように胎児の位置と撮影部位が離れている場合は、胎児に及ぼす影響はほとんど無視できる程度で問題はありません。


dejitaru01


レーザー治療について

laser01.jpg当医院では、先進治療器である 炭酸ガスレーザ ーによる治療を行っています。
レーザー治療は術中に痛みが少なく、術後の痛みもほとんど無い、画期的治療方法です。

今後の歯科治療において、ますますその用途は広がっていきます。

 










レーザー治療例(当医院における治療例)

laser02.jpg


「痛くない」歯科麻酔用電動注射器


masui01.jpg患者さんが歯医者さんでいやな治療の一つに麻酔を行なうための痛い注射があります。
患者さんのために
「痛くない」歯科麻酔用電動注射器が開発され、この度導入しました。
電動注射器コンピューター制御により理想的な麻酔薬の注入スピードを実現した
注射器です。
注射の痛みは注入スピードによる余計な圧力によるところが大きく

電動麻酔注射器がこの問題を解決してくれました。
人間の手で行う注射は加圧の
ムラが生じて、痛みを感じる原因になります。
電動の麻酔注射器は、手動で注射を行なう場合より細い針を使用しているため、
刺したときの痛みが非常に抑えられています。また、
コンピューター管理された機械の圧力で麻酔液を注入するため、
ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。さらに、注入速度も数段階に変えることが出来、
患者さまの状況や注射部位によって最も痛みの少ない速度で一定に注入できます。


通常の麻酔注射が痛い理由
注射針は刺すときに痛い
手動で注射を行なう場合、余り針の太さを細くすることができず、電動より太い針を使うため刺すときの痛みがあります。
針を細くすると、液の注入時に大きな圧力が必要になるため、余り細い針を使うことが出来ません。
(麻酔が効いている場合、通常治療は痛くありません。)




電動注射器が無痛に有効な理由
 

電動注射器は、細い針を使用しているため、 刺したときの痛みが非常に抑えられています。また、
コンピューター管理された機械の圧力で麻酔液を注入するため、
ゆっくりと痛くないように麻酔が注入できます。また、注入速度も数段階に変えることが出来、
患者さまの状況や注射部位によって最も痛みの少ない速度で一定に注入できます。さらに、
カートリッジ式なので患者さんごとの使いきりになっていますので安心です。


masui02.jpg


根管長測定器(Electronic apex locator)

電気根管長測定器.jpg歯科医院で、「神経を取る」とか「根の中の掃除」をすると言われた経験のある方が多くいらっしゃると思います。
う蝕(むし歯)が深い場合で、歯髄(神経)のところまで進行してしまった場合や、以前に神経を取ってここの再治療をする場合を、上のように言います。
この際、根の先端までキレイに治療し、最終的に根尖部まで綿密にお薬の充填をしなければなりません。ですから、根の長さを正確に把握することが必要です。
その時に使うのが「根管長測定器」という機器です。
高精度で根管長測定を行います。電気抵抗値を利用して測定するものですが、人種、年齢、歯種による差がほとんどなく、一定の値(6.5kΩ)をとるという性質を利用しています。
LEDスクリーンが、視覚的に根管ファイルの位置を示してくれます。
それまでは根を掃除する器具を挿入してX線写真で確認したりしていましたが、この機器を導入してからX線写真の撮影がかなり少なくなります。
患者様に安心して治療をお受けいただくために、導入しました。


オーダーメイドマウスピース


バキュームフォーマー

1.jpg

歯ぎしり、顎関節緩和のためのスプリント、スポーツのためのマウスピース、 ホワイトニングトレーなどの製作に使用しています

たとえば、口腔外傷を防ぐためのいわばプロテクターは、弾力性のある軟らい材料を使用します。 かつてはマウスピースと呼ばれており、ボクシングなど格闘技では早くから義務化されておりますので、 格闘技の試合でゴングの鳴る前に選手が口に入れるのを見たことがある方も多いと思います。マウスガード材料自体が、 外部からの衝撃を吸収することで口の粘膜や歯を保護する役割をはたします。又、脳震盪の予防効果もあります。
マウスガードは、主に既製品と歯科医院で製作するカスタムメードの二種類があります。
市販品はスポーツ用品店などで入手出来ますが、適合させるのが困難です。 そのため違和感が強くあったり、 外れやすいなどの不具合を生じやすいのです。 ボクシングマンガなどですぐに吹っ飛ぶマウスガードの絵が出ますが、 既製品の適合ではあれも仕方ありません。
一方、歯科医院で製作するカスタムメードのマウスガードは、 患者さまの口にあわせて適正な適合と噛み合わせを考慮して作りますので、 そのプロテクターとしての能力も適合性が高いことから能力は上ですし、違和感が少ないです。
マウスガードはクルマのシートベルト同様「人間を守る」ための器具であり、とにかく 「付けていないことには危険で仕方が無い」ものです。今となっては「シートベルトはわずらわしいからシートベルトはしない」 という方はおられないと思います。
マウスガードについても同様に、 体を守るために必要なものであると認識し、わずらわしいから、 面倒だからなどの理由でつけないのは愚かなことであると思います。また、口腔外傷は試合のときだけではなく、 練習の時にも多く起こっています。試合中だけではなく練習中から使用しましょう。
2.jpg

当院での作成例

スポーツ用

3.jpg



04.jpg4.jpg

マウスガード使用上の一般的注意点
1. 試合中だけではなく練習中から使用しましょう。 練習中にも外傷は起こり得ます。また装着感になれておくことが必要です。
2. それ以上に長時間の装着はしない。
3. 必要以上にかみしめない。
4. 着脱方法
マウスガードをはめるときは、前歯から入れます。
マウスガードの取り外しは、両方の奥歯のところをつかんで行います。
5.洗浄、保管方法
マウスガードを使用後は必ず流水で汚れを洗い流す。
変形の原因となる。高温の湯を使用しない。
6. 専用の容器に入れて保管


双眼ルーペ

双眼ルーペを導入! さらに治療精度を高めます。
約2.5倍に見える双眼ルーペを導入しています。より精度の高い治療に欠かせない装備です。

ru-pe01

双眼ルーぺはメガネの先に拡大レンズがついたものです。医療系ドラマで目にした方もいらっしゃると思います。当院で使用するレンズの倍率は約2.5倍で、肉眼では不可能なかなり細かい部分まで識別が可能となります。例えば、歯と修復物の適合もシビアにチェックできるため二次的な虫歯の発生を抑えることができます。また歯石の取り残しを防ぐこともできます。より質の高い治療のために欠かせない要素のひとつと考えています。


カリエスチェックでむし歯を残しません。

kariesu01

むし歯の治療で大切なのは、むし歯を取り残さないことと削りすぎないことです。
当院では、むし歯の治療には必ずカリエスチェックを使用して、削りすぎとむし歯の取り残しを防ぎます。
カリエスチェックはミニマルインターベンションの必需品です。
左の写真の歯は、むし歯になっていますが、健康な歯と同じ白い色なので、どこまでがむし歯かわかりません。
そこで、カリエスチェックを使うと、むし歯の部分だけが染め出されるので、染め出された部分を削ります。

kariesu02 


染め出された部分を削り終えたら、再度カリエスチェックで染め出します。
これを繰り返して、染まらなくなったら、むし歯の除去は終わりです。削りすぎも防ぎます。
少し時間はかかりますが、このようにしてむし歯を取り残さないことがとても大切なのです。


当院ではアロマテラピーアドバイザーの指導による、アロマセラピーを導入しました

アロマには、いろいろな使用法や効果がありますが、当院では、アロマテラピーアドバイザーの指導により、日本アロマ学会認定の「超音波アロマディフューザー」を導入しました。このアロマディフューザーは毎秒250万回の超微振動による超音波技術を利用して、水から5umの超微粒マイクロミストを作り出し、そのミストを、エッセンシャルオイル(製油)の香りとともにお部屋中に拡散させます。さらに、水道水の中に残っている残留塩素と不純物を取り除く機能も備えております。一般的な加熱式のアロマポットでは、熱で精油性質が変化するため、室内除菌効果が得られていないことがわかっています。このディフューザーは、超マイクロミスとアロマの噴霧で診察室や待ち合い室内の除菌効果や空気の乾燥も防いでくれます。aroma01.png

当院では、100%天然成分のエッセンシャルオイル(製油)のみを使用し、患者様に楽しんでいただくために、毎週効果の違う精油を取り入れていますので、そのつどご紹介いたします。

アロマの香りをお楽しみください。


院内感染予防   患者さまの安全・安心を守るために

◎「各種滅菌システムを併用することで安全・安心の消毒・滅菌体制です。」
当医院では院内感染予防のために診療椅子シートに抗菌シートを使用しています。
診療機具は全自動高圧蒸気滅菌器や、強酸化電位水での消毒やデスポーサブル器具を使用し、患者さまをすべてのウィルスや細菌感染から患者様を守る努力をしています。当院では、患者様のお口の中に使用するものは全て毎回、完全に滅菌いたします。

【スリッパディスペンサー】スリッパディスペンサー
いつでも殺菌済みのスリッパが取り出せます。

1.使用済みのスリッパを本体上部の返却口に置くと返却口が開き、スリッパがボックス内に収納されます。

2.ボタンを押すだけで簡単にスリッパがボックスの下から順に一足づつ出てきます。

☆紫外線がスリッパの裏側、内側と均一に殺菌します。
☆前空きスリッパなので、つま先部分までしっかり殺菌できます
☆新型専用スリッパに交換しました。








全自動大型高圧蒸気滅菌器

【全自動大型高圧蒸気滅菌器】 Dentclave 500M
細菌・ウイルスなどの感染の原因を絶ち、患者様の安全を守ります。

ヒルソン・デック社の大型高圧蒸気滅菌器です。
患者様のお口に入る全ての器具を、高圧蒸気により確実に滅菌する機器です。
強力な殺菌効果でウィルスや細菌を根こそぎ退治してくれます。
滅菌に使用する水も再利用しませんので、常に清潔な状態で滅菌が行われます。
また全自動のものを導入することで、「安全に、より清潔に、そしてより確実に」
常に患者様の安全、安心を考え、さらに進化していきます。

強酸性電解水と強アルカリ性洗浄水の生成

【強酸性電解水と強アルカリ性洗浄水の生成】 DomojhoAP
本器は洗浄・除菌にご利用できる、強酸化電解水と強アルカリ洗浄水
を生成する装置です。水道水に塩化ナトリウムを加え特殊な電気分解を行うことでに
強酸化電解水と強アルカリ洗浄水生まれ変わります。 強酸性水の域PH2.7以下、
酸化還元電位+1100V以上、次亜塩素濃度10~20ppmと、レジオネラ菌。O-157、
エイズ菌、新型インフルエンザなどの微生物を死滅させることが出来ます。このレベルの酸化電位水で生息できる微生物は存在しません。しかも薬品ではなく水であるので副作用、アレルギーが全く無い魔法の水と言っても過言ではありません。歯科だけでなく皮膚科を含めて多くの施設で利用されています。化学薬剤のように薬剤耐性・残留性がなく、人体に無害です。地球にも人体にも害がない安全性の高い水です。

◎強酸性水と強アルカリ性洗浄水の生成

当院での使用例
・器具、洗浄の消毒
・ユニット、チェア周りの消毒


お口の中での使用例
・抜歯、インプラントなどの外科処置の消毒
・口臭予防、虫歯、歯周病予防
・歯周病でのポケット洗浄
・根管治療での洗浄
・うがいをして新型インフルエンザ予防対策

DomojhoAPの殺菌作用試験結果
検査結果表


ハイストロンN-820S 紫外線殺菌器



ハイストロン.jpg



ハイストロンN-820Sは太陽光の約100倍の強力な紫外線を使って、ハンドピース(歯科用の切削器具)や超音波スケーラー(歯石を取る器)等の器具を、当院では患者さまごとに1本、1本殺菌します。 例えば、ハイストロンの中に約1分間器具を入れることで、器具に付着しているB型肝炎ウイルスは不活化(感染能力がない状態)されます。



紫外線を細菌に照射すれば、細菌細胞内のDNAに作用して、分解などの光化学反応をひき起こし、その結果、菌類が死滅に至ります。なかでも、260nm付近の波長をもつ紫外線の殺菌効果が最も高いとされています。



このハイストロンN-820Sで使用している紫外線を発生させる石英製ランプは、殺菌灯ガラスに比べて短波長域をよく透過し、また、殺菌効果の高い260nm付近の254nm光を効率良く発光していることから、この石英製低圧水銀ランプが殺菌ランプとも呼ばれます。紫外線による殺菌は、すべての菌類に対して有効です。菌の種類(大きさ、形状他)や環境などにより紫外線に対する菌の感受性は大幅に違ってきます。例として、代表的な菌を99.9%殺菌するために必要な照射線量を紹介します。



ハイストロンN-820S殺菌灯の殺菌効

haisutoron01.png

殺菌灯の殺菌力試験結果

haisutoron02.png

(備考) 使用ランプは1,000時間使用後の15ワットのもので、50cmの距離から、寒天培地上の菌を照射、器具は笠付殺菌線放射照度は1.5W/ ㎡です。

Copyright EHARA DENTALl CLINIC.All rights reserved.